心ない誹謗中傷・・・それらの対策法とは?

インターネット上の誹謗中傷には?

心ない誹謗中傷は、インターネット上で行われる場合もあります。相手の顔が見えないからこそ、躊躇なく他人の誹謗中傷を書き込む人がいるのです。現代社会では大きな問題の一つになっていますよね。これに対しては、インターネットを管理している所に削除要請をするのが有効的です。掲示板などでしたらそこの管理者へ、SNSでしたらそれを運営している会社へ連絡しましょう。誹謗中傷している相手を煽るのではなく、冷静な対処が必要なのです。

メールや手紙などによる誹謗中傷には?

ひどい嫌がらせとして、メールや手紙などによって誹謗中傷をしてくるケースが挙げられます。この場合、相手はメールアドレスや住所を把握していることになります。このような誹謗中傷が長期続く場合は、警察に相談するのが良いでしょう。実際に受け取ったメールや手紙が残っているので、犯人を特定するのは比較的難しくないはずです。無視し続けるのも一つの手ではありますが、状況が悪化する可能性もあるので、相談すべきだと考えます。

直接的な誹謗中傷には?

職場や学校などで直接、誹謗中傷をしてくる人もいるでしょう。この場合言い返したいところですが、目上の人であったりなどの理由でなかなか難しいことも多いですよね。これに対しては、我慢し続けるのは厳禁です。ストレスを溜め込まないよう、友人や先輩、親など信頼できる人に相談することが必要です。それでも収まらない場合、学校や職場の上層機関に訴えるべきです。かなり勇気が要ることですが、放っておくとさらに悪化する可能性があるので断固戦うべきです。

誹謗中傷対策で困ったら、専門家への相談が解決への糸口になります。個人でも法人でもプロの対策なら迅速な解決が可能です。