海外のショップで商品を買うとなぜ配達されるまで時間がかかるのか

国内のショップとはまったく違う配送システム

海外のecサイトでショッピングをすると、商品が到着するまでものすごい時間がかかることがありますが、なぜなのでしょうか。まず、商品の送り方が国内のショップとは違うということが挙げられます。国内のショップの場合、客から注文が入ったら、すぐに商品を確保して発送という流れになりますが、海外の場合、手間を減らすためにある程度の注文数がたまってから、まとめて発送を行うというシステムを使っているところがあるのです。

航空便ではなく船便になると必然的に遅くなる

次に配送手段の問題があります。海外から商品を送る場合、もっともコストがかからないのは船で運ぶ方法です。ヨーロッパのショップで購入した場合は、ヨーロッパから船で日本に来るということになるので、当然時間がかかりますよね。また、船に載せるにあたっても、やはり荷物がある程度たまってからまとめて載せるというシステムを取っていることがあるので、余計に時間がかかるわけです。なので、船便になった場合は辛抱強く待つしかありません。

お金を払って航空便にしてもらえば早い

ただ、船便を回避する方法はあります。海外のショップの場合、国外の客に対して発送手段を選択できるようにしていることが多いので、そこでもっとも早く配達される手段を選べばいいのです。有料オプション扱いになるので、送料を別に千円から数千円程度取られますが、ヨーロッパからの荷物であっても飛行機を使って一週間程度で送ってもらうことができます。トラッキングナンバーもつくので、高額な買い物をした場合は選んで損はありません。

ecサイト構築では、仕上がりのデザイン性や使い勝手によって売り上げが左右されるため、様々な点にこだわりを持つことが重要です。